• トップ /
  • 通信制高校へ転入か再入学か

通信制高校転入の条件

通信制高校へ転入か再入学か

通信制高校に転入するには

通信制高校へ転入するにはいくつかの条件があります。当然のことながら、本人に高校卒業の資格を取得しようというら意思がある事、その他に在籍していた高校での単位や出席日数を持っているかという事が一般的な条件です。学校によっては、面接や試験を行って必要な学力や意思があるかということを判断材料にする場合もあります。もし、以前の学校で全く認められる単位が取ってない、出席日数がないとなると、いくら本人に高校卒業の資格取得の意思があっても、転入ではなく、1から通信制高校の生活をスタートというように、再入学扱いになります。

通信制高校の一般的条件

通信制高校は高校を卒業していない事と中学以上の学力がある事が条件なので15歳以上である事が必然となります。よって高齢者も在学しているケースもあります。 最も一般的なのは登校日数が少なくて済む事です。その為不登校や家庭の事情高校に行けない場合等の理由で入学事が出来る魅力があります。また通信制高校は新入学では中学校からの調査書が転入や編入の場合はそれまでの在籍証明書や成績・単位取得証明書の提出が必要となります。 公立と私立があり私立の方がお金がかかりますがその分融通がきいておりサポートが充実しているので学習がし易い環境である為卒業する確率が高いのが特徴です。

↑PAGE TOP